裁判をして保険会社が支払を拒否した治療費を認めさせ約585万円の賠償金を得た事例

40代・女性・会社員
後遺障害等級
併合14級
傷病名
頚椎捻挫・胸椎捻挫・腰椎捻挫
保険会社提示額 最終獲得額
提示なし万円 585万円

ご相談内容

被害者 40代・女性・会社員
部位 首・背中・腰
傷病名 頚椎捻挫・胸椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級
獲得金額 約585万円

ご依頼者は、交差点に侵入したところ、信号無視をしてきた加害車両と衝突し、首と背中と腰の痛みがおさまらず、通院を継続していました。
半年以上通院しても、なかなか症状がよくならないため、治療中に将来に不安に感じ、弁護士費用特約を用いて、当事務所の弁護士へ今後どうすれば良いかを相談に来られました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 併合14級
入通院慰謝料 117 117
休業損害 102 102
逸失利益 81 81
後遺障害慰謝料 110 110
未払い治療費 110 110
調整金 65 65
合計 提示なし 585 585
単位:万円

ご依頼者は、弁護士へ依頼したあとも治療を継続しましたが頚部痛、胸部痛、腰部痛症状はなかなかよくならず、治療期間も1年近くの長期に及びました。そして、症状固定となったあと、後遺障害認定の申請をしたところ、頚部痛・胸部痛・腰部痛について、全て14級9号が認定され、併合14級となりました。
そこで、その結果を基に、保険会社と示談交渉をしたところ、保険会社は症状固定まで治療費の打ち切り連絡をしていなかったにもかかわらず、治療期間が長期に及ぶとして、大部分の治療期間について治療費と慰謝料を認めないと言ってきました。
その後も粘り強く示談交渉を続けましたが、保険会社が頑なに全ての治療期間を認めなかったため、訴訟を提起しました。

解決内容

訴訟では、全てのカルテを裁判の手続により開示し、医学的な反論がなされるなどしたため、裁判期間は1年近くかかりました。
しかしながら、それに対して、充分な再反論を行ったことから、裁判所より全ての治療期間について治療費と慰謝料を認める内容の和解提案がなされました。
これにより、依頼者は未払い治療費を含め約585万円を受け取る内容で和解が成立しました。

所感(担当弁護士より)

今回、示談交渉ではなく裁判になった一番の原因は、一括対応中の保険会社が治療中には一切治療費の打ち切りの連絡を依頼者や弁護士にしてこなかったにもかわらず、弁護士がいざ弁護士基準で慰謝料請求をすると、実は治療費はまだ未払いで全てを払うつもりはないと言ってきたことです。
このように、保険会社の著しく不誠実な対応がなされため、裁判に踏み切りましたが、予想より解決まではかかってしまったものの、最終的にはご依頼者の満足する結果となってよかったです。

その他の解決事例

相談料・着手金0円・完全成功報酬制(千葉県全域対応)増額できなければ費用はいただきません!

0120-543-044 平日9:00 - 20:00 土曜 10:00 -18: 00 (日・祝不定休)
メールでの相談はこちら