むちうちの治療中から後遺障害認定サポートで14級を取得し約395万円の示談金を得た事例

40代・会社員・男性
後遺障害等級
14級9号
傷病名
頚椎捻挫
保険会社提示額 最終獲得額
0万円 395万円

ご相談内容

被害者 40代・会社員・男性
部位
傷病名 頚椎捻挫
後遺障害等級 14級9号
獲得金額 約395万円

ご依頼者は、バイクに乗り信号待ちで停止していたところ、後ろから来た自動車に追突されて転倒するという交通事故の被害にあいました。
これにより、頚椎捻挫(むちうち)と診断され、首から肩、腕、手にしびれが残ってしまいました。
ご依頼者は、治療中の段階から、後遺障害認定と適正な慰謝料の獲得についてご相談に来られました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 150 150
休業損害 10 10
逸失利益 115 115
後遺障害慰謝料 110 110
その他の損害 10 10
合計 0 395 395
単位:万円

まずは、適切な後遺障害診断書を作成してもらうためのアドバイスを継続し、症状固定となった段階で、後遺障害認定のための被害者請求を行いました。
その結果頚椎捻挫後の症状として14級9号が認定されました。
ご依頼者の症状は、むちうちの被害者の中では比較的重く、一部の病院では腕神経叢損傷の疑いの診断もなされていたことから、筋電図検査等を行い異議申立をしましたが、14級は変更されませんでした。
その後、ご依頼者と協議し、早期解決のために14級前提で良いのでできる限り高額な賠償金を得るために後遺症をすることになりました。
そこで、相手方保険会社と交渉をし、最初は比較的低い金額での回答でしたが、今回のご依頼者は通常の14級の症状よりも重篤であることや仕事への影響が多大であることなどを主張して、粘り強く交渉しました。

解決内容

その結果、裁判外の示談交渉であるにもかかわらず、入通院慰謝料について裁判基準を若干上回る程度の水準で示談が成立することになりました。
これにより、自賠責分を含めて約395万円(治療費は除く)の賠償金を獲得することができました。

所感(担当弁護士より)

今回のように、ご依頼者の症状の程度や交渉の仕方によっては、裁判をしなくとも裁判基準や裁判基準を上回る水準での示談が可能な場合もあります。
同じ被害にあった人であっても、交渉をする弁護士によって示談金額が変わることもありますので、交通事故にあってしまったら、交通事故の経験豊富な弁護士に相談するのが良いと思います。

その他の解決事例

ctaMain__copy

ctaMain__phone
ctaMain__mail