当事務所にご依頼いただくメリット

交通事故に遭ってしまった場合、弁護士に相談・依頼するメリットは、多くあります。ここでは、当事務所に交通事故の問題をご依頼いただいた場合にどのようなメリットがあるのか、詳しく説明していきます。

賠償金の増額を期待できる

保険会社が提示してくる慰謝料などの金額は、弁護士が請求する際に用いる基準(「弁護士基準」や「裁判基準」といいます)を大きく下回ったものであることが通常です。個人で交渉をしても、その金額をあげるのは困難ですが、弁護士が請求すれば、保険会社も正当な賠償金額で合意することが多くなります。
また、後でも説明するように、弁護士に依頼することで、後遺障害等級を獲得することができれば、賠償金の額は大幅にアップします。
そのため、交通事故の損害賠償金は、弁護士に依頼することによって増額されることがほとんどです。

後遺障害等級認定のサポート

交通事故の賠償金の中でも、慰謝料、逸失利益といった後遺障害に関する賠償金は大きな金額となります。できるだけ多くの賠償金を得るためには、適正な後遺障害等級認定を獲得することが不可欠です。
ただし、必要なポイントを踏まえて後遺障害等級認定の申請を行うためには、法的な知識や医学的な知識が求められます。当事務所の弁護士は、法的な知識はもちろん、医学的な知識も蓄積していますので、強力な等級認定のサポートを行うことができます。また必要に応じて、医師ともコミュニケーションを取っています。

関連記事
交通事故に遭ってしまった場合、弁護士に相談・依頼するメリットは、多くあります。ここでは、当事務所に交通事故の問題をご依頼いただいた場合にどのようなメリットがあるのか、詳しく説明していきます。 賠償金の増額を期待できる 保...

相手方らとのやりとりを全て任せることができる

交通事故に遭われた方は、怪我を負ったり自動車の修理が必要となったりなどして大変な状況に置かれ、精神的にも余裕がなくなっている場合が多くあると思います。
そのような中で、事故の相手方(多くの場合は相手方が加入している任意保険会社)との交渉も行わなければならないというのは、かなりの負担になります。
さらに、保険会社は、被害者本人に対しては、高圧的、威圧的な態度で接してくることもあります。相手方とのやりとり自体が大変苦痛であるとおっしゃる方は多いものです。
弁護士に依頼してしまえば、相手方とのやり取りはすべて弁護士が代理人として代わって行いますので、わずらわしいやり取りは、以降一切必要なくなります。
早い段階で弁護士にご依頼いただくことで、精神的な負担を大きく軽減することができるのです。

示談交渉を有利に進めることができる

示談交渉を有利に進めるためには、テクニックが必要になることがあります。当事務所の弁護士は、交通事故を多く扱うなかで、こちらの主張が認められやすい方法、主張の組み立て方など、交渉において必要となる知識やテクニックを身に付けています。
そのため、弁護士にご依頼いただくことで、自ら示談交渉を進める場合よりも、有利に交渉を進めることができます。

ご依頼者と綿密なコミュニケーションをとります

事故の直後から後遺障害認定のサポートが必要なケースなどもありますが、必要があれば、何度でも打ち合わせを行います。また、病院に同行したり、事故現場でしっかり現場検証をしてもらえたりと、フットワーク軽く対応しています。
怪我で事務所まで来ることができないというような方に関しては、出張相談も行っています。

行政書士や司法書士にできないことができる

法律の専門家というと、弁護士のほかにも行政書士や司法書士が思い浮かび、どの専門家に相談すればよいのか迷われる方もいると思います。
以下で説明するように、弁護士にはできて行政書士や司法書士場合にできないことがありますので、場合にはよりますが、基本的には、弁護士にご相談いただくことをおすすめしています。

行政書士と弁護士の違い

行政書士は、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することがその主な仕事です。弁護士とは違って、被害者に代わって交通事故の相手方との交渉を行ったり、訴訟の代理人となったりすることなどはできません。
そのため、書類の作成を行政書士に依頼したとしても、交渉や訴訟が必要となった時には、改めて弁護士に依頼しなければならなくなります。

関連記事
交通事故に遭ってしまった場合、弁護士に相談・依頼するメリットは、多くあります。ここでは、当事務所に交通事故の問題をご依頼いただいた場合にどのようなメリットがあるのか、詳しく説明していきます。 賠償金の増額を期待できる 保...

司法書士と弁護士の違い

司法書士は、請求金額が140万円以下の場合に限り、代理人として活動することができます。弁護士には、このような金額の制限はありません。また、司法書士は、簡易裁判所でしか代理人となることができません。
司法書士に依頼しても、司法書士が扱えない範囲になることがわかると、その時点で新たに弁護士に依頼しなければならなくなります。

交通事故の問題は当事務所へご相談ください

以上のように、交通事故に遭ってしまった場合に、弁護士に依頼することには、精神面・金銭面で、大きなメリットがありますので、早い段階で一度ご相談いただくことをおすすめいたします。

ctaMain__copy

ctaMain__phone
ctaMain__mail