後遺障害等級認定は「交通事故に強い弁護士」に依頼すべき理由とは?

交通事故の賠償金は、弁護士が介入することによって増額することが大半です。後遺障害が残るようなケースでは、さらに増額の幅は大きくなります。
そして、「交通事故に強い」弁護士を選んで依頼すれば、増額の可能性はさらに高まるといえるでしょう。
ここでは、交通事故に強いといえる弁護士とはどのような弁護士なのか、後遺障害等級認定の場面でどのようなサポートをしてくれるのかについて、解説していきます。

適正な後遺障害等級認定を獲得する重要性と賠償金の増額

後遺障害等級が認定されると、入院や通院による慰謝料に加えて、後遺障害による慰謝料と逸失利益を請求することができるようになります。後遺障害慰謝料や逸失利益は、かなり大きな金額になることも多く、後遺障害等級を認定されると、受け取ることのできる賠償金が大幅に増額することになります。
また、後遺障害等慰謝料や逸失利益の金額は、基本的に、症状の程度によって決められる「等級」が上位になればなるほど増えますので、できるだけ上位の等級に認定されることが重要です。

後遺障害等級認定において弁護士が行うサポートとは?

治療の受け方をアドバイス

適正な後遺障害等級認定を得るためには、治療中から、いくつかの注意点があります。
例えば、事故後すぐに病院で受診しなければならないという点です。事故からある程度の時間が経ってからの受診になると、交通事故と症状との間の因果関係が否定されてしまうことがあるからです。
また、等級認定を受けるためには、できるだけ定期的な通院が必要ですし、少なくとも6か月以上通院しなければならないと言われています。
等級認定を受けるために必要な検査も、症状によって様々ありますが、適切な時期に検査を受けなければ認定を受けるのが困難になってしまうこともあります。
このように、後遺障害等級認定においては、症状固定の時期以降だけではなく、治療中から、踏まえておくべきポイントが複数ありますので、弁護士に相談すれば、治療の受け方についてのアドバイスを受けることができます。

医師への働きかけ

自賠責損害調査事務所での後遺障害等級認定は、書面審査が基本となっています。そのため、等級認定の審査においては、検査の結果や医師が作成する後遺障害診断書が決定打になります。ですから、レントゲンやMRIなど必要な検査をきちんと受けてその結果を提出できること、医師の作成する後遺障害診断書の記載内容に過不足がないことは、等級認定において、極めて重要です。
ところが、医師は、医療の専門家ではありますが、交通事故の専門家ではありませんので、必ずしも後遺障害等級認定を見据えて検査を行ったり後遺障害診断書を作成したりしてくれるわけではありません。
そこで、重要になるのが、弁護士からの働きかけです。弁護士が、必要なケースでは、医師との面談などを通じて、行ってもらいたい検査がどのようなものなのか、どのような点に気を付けて後遺障害診断書を作成してもらいたいのかという点を、医師に説明します。

異議申立

後遺障害等級認定の申請をしたものの、その結果に納得がいかないような場合には、異議申立を行うことが考えられます。
異議申立を成功させるためには、結果をきちんと分析して、納得がいかない結果となった理由を判断し、不足していた資料(新たな検査結果や医師の意見書など)を追加で提出することが重要となります。
弁護士に依頼すれば、手続きも含めてすべて弁護士が代わりに行います。

交通事故に強い弁護士に依頼すべき理由

交通事故事件の経験が豊富だから

後遺障害等級認定については、時に高度な知識や経験が必要となることがあります。
交通事故の案件を多く扱っている弁護士であれば、その事案の先を的確に読むことができ、適切に事案を解決に導いてくれることがより期待できるといえます。
もっとも、単純に取り扱い数だけではなく、交通事故の案件に対する取り組み方(研鑽に努めているかなど)が大切ですので、数が多いというだけで選ぶのではなく、実際に面談で話をしてみて見極めるとよいと思います。
医学的な知識も有しているから
適正な後遺障害等級認定を獲得するためには、法の専門知識はもちろん、医学的な知識も重要となってきます。
医学的な専門知識があることによって、等級認定されるためにどのような検査結果が必要なのか、どのような医師の診断書や意見書が必要なのかを、的確に判断することができ、治療中から、適正な後遺障害等級認定獲得に向けた戦略的なアドバイスを行うことができるのです。
弁護士は、法の専門家ですが、通常、医学の専門家ではありません。しかし、交通事故を多く扱う弁護士の中には、必要な範囲での医学的知識を身に付けるために日々努力している弁護士もいます。

交通事故に強い弁護士とは?

このように、「交通事故に強い」といえる弁護士は、交通事故を日ごろから多く扱っている弁護士であり、高度な法的専門知識に加えて、医学的な知識を有している弁護士であるといえます。
適正な後遺障害等級認定を獲得し、賠償金を増額させるためには、このような交通事故に強い弁護士を選ぶことが重要です。

ctaMain__copy

ctaMain__phone
ctaMain__mail