軽傷の打撲でも弁護士による短期間の交渉で示談金が約22万円増額した事例

30代・男性・自営業
後遺障害等級
治癒
傷病名
肩打撲・左腕打撲
保険会社提示額 最終獲得額
44万円 66万円

ご相談内容

被害者 30代・男性・自営業
部位 肩・腕
傷病名 肩打撲・左腕打撲
後遺障害等級 治癒
獲得金額 約66万円

ご依頼者は、夜間に道路を歩いていたところ、いきなり駐車場から飛び出してきた自動車に衝突するという交通事故の被害にあいました。
既に治療は終了し、保険会社から損害賠償額の内容を書いた書面が送られてきていたため、その金額が妥当かどうかご相談に来られました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 治癒 治癒
入通院慰謝料 35 50 15
休業損害 9 16 7
合計 44 66 22
単位:万円

弁護士が、保険会社から提示された賠償金額を検討したところ、慰謝料が裁判基準と比較すると低額であることがわかりました。
また休業損害も一部認められていないところがありました。
そこで慰謝料と休業損害の増額を求めて保険会社と交渉を開始しました。

解決内容

その結果、約1ヶ月でこちらの請求額に近い金額で示談が成立しました。
これにより、依頼者は、事前提案額から22万円増額した約66万円(治療費は除く)の賠償金を得ることができました。
なお、ご依頼者様は弁護士費用特約を利用したため、弁護士費用の負担は1円もなく、増額した22万円全てが手元に残ることになりました。

所感(担当弁護士より)

今回のように、軽傷の打撲であっても、弁護士が裁判基準で交渉することにより慰謝料が増額できる場合は多いです。
増額できる金額がそれほど多くなくとも、弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用の負担は一切ないため、増額できた分がそのまま全部取得できることになります。
また、保険会社との示談交渉をする手間からも解放されますので、たとえ軽傷であっても弁護士費用特約に加入している場合には、できる限り弁護士に相談することをおすすめいたします。

その他の解決事例

相談料・着手金0円・完全成功報酬制(千葉県全域対応)増額できなければ費用はいただきません!

0120-543-044 平日9:00 - 20:00 土曜 10:00 -18: 00 (日・祝不定休)
メールでの相談はこちら